イントラネット桐..って何?

ネットワークの発展形「イントラネット」

インターネットの技術を用いて構築された企業内ネットワークのことを指し、Intra [内部の] と net [ネットワーク] を合わせた造語です。 インターネットの普及と共に、企業内ネットワークへインターネットの技術をうまく合わせることで、ますます多様化する情報共有について、低コストで問題解決する手段として利用されています。

ファイル共有型の問題をうまく解決

クライアント間で共有するデータをファイルサーバーに置く方式だと、システムを使い込むに従って、データの肥大化やクライアントの増設がボトルネックになってきます。 インターネットの技術をネットワークにうまく応用することで、低コストで、ファイル共有型の問題を解決できます。

システムのデータベースに「桐」を採用

ケーシーインターナショナルは、(株)管理工学研究所の公認VAR業者です。 システムのデータベースは「桐」の採用をおススメしています。 数々の導入実績から得られた技術・ノウハウをシステムに詰め込んで提供します。 すでに「桐」をご活用であれば、それらとの連動もご相談に応じます。

低コストで導入できるがメリット

システム導入となると気になるのが予算。とにかくご相談ください。 低コストが売りですので、きっと導入をご検討頂けるはずです。